総合格闘技

狙われるブライアン・オルテガ。ジェレミー・スティーブンスも対戦を要求。


Jeremy Stephens: I’m there if someone drops out of UFC title fight

UFC FIGHT NIGHT 124でチェックチェ・ドゥホに勝利し、パフォーマンスオブザナイトを獲得したジェレミー・スティーブンスがブライアン・オルテガに対戦を要求しています。

 

「ブライアン・オルテガと対戦したい」

「ブライアン・オルテガが素晴らしい勝利、素晴らしいグラップリングの勝利によって俺の前にいることはわかっている。俺はストライカーだ。彼はグラップラーだ。俺はサブミッションを回避するのは得意だ。いい試合になると思う。」

「彼は座って給料を待つだろう。俺は積極的にやって今夜大金を得た。だから俺はそのやり方をしたい。もし彼が待ちたいなら、それは間違っちゃない。でも、でも、誰が俺の前にいるんだ?やろうじゃないか。」

「タイトルに近いやつを誰でも連れてきてくれ。そうでなければ、誰かがタイトルマッチができなくなった時に俺がそこに行く。俺は両方の男(フランキー・エドガーとマックス・ホロウェイ)と戦った。マックス・ホロウェイは俺の周りを踊って走っていただけだ。あいつはジョゼ・アルドと戦ったようなように俺とは戦いたがらなかった。今俺はアジャストできると感じてる。フランキー・エドガー戦は自分の戦い方が本当にできなかった。俺のコーナーにコーチを加えて再戦したい。いい調整ができていたと感じているし、そのような負けから多くのことを学んだ。みんなタフガイだったし、階級のトップだ。そして俺は彼らと接戦を繰り広げた。もう1試合でタイトルにたどり着ける。そうでなければすでにそこにいる。俺はすでにダレン・エルキンスの尻を蹴っ飛ばしている。次は誰だ?」


Twitterで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP