ニュース

パット・ヒーリーが引退を発表


UFC veteran Pat Healy announces retirement after knockout loss at ACB

1月13日に開催されたABC 78で1ラウンドにマゴメド・レイソフにKO負けしたパット・ヒーリーが引退を発表しています。

 

 

「MMAは夢を見させてくれた」

 

「サポートしてくれたみんなありがとう。自分のパフォーマンスに失望しているよ。最近、この試合が最後の試合になると思っていた。もう高いレベルでは競えない。ずっと良くない。俺はMMAで今までも思ってもみなかった物を見た。世界中で友達や記憶を作るチャンスを得たんだ。MMAは夢を見ることができた人生を俺にくれた。今は新しい世代が成功する手助けをしたいし、ブラジリアン柔術の黒帯を取りたい。」

かつては廣田瑞人と試合をしたことも

 

パット・ヒーリーは現在34歳。StrikeforceやUFC、Titan FCで戦い、現在は水垣偉弥も参戦しているABCを主戦場としていました。
かつてはStrikeforceで廣田瑞人とも対戦し、判定勝利を納めています。
UFCがStrikeforceを買収した際にそのままUFCに参戦し、当時ライト級のトップファイターだったジム・ミラーを破る大金星をあげましたが、のちにマリファナの陽性反応でノーコンテストとなっています。
とはいえジム・ミラーを破ったことはパット・ヒーリーの評価を大いに高め、トップファイターの一人として認知されるようになりますが、その後はまさかの4連敗を喫し、UFCをリリース。その後はTitan FCでライト級のベルトを手にするものの、リック・ホーン戦で王座陥落、再びベルト獲得を目指しましたが、JZ・カルバンにKO負けし、ベルト奪還には至りませんでした。
戦績は34勝24敗1NC。大ベテランですね。お疲れ様でした。


Twitterで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP