総合格闘技

エジソン・バルボーザは燃え尽きず。ハビフ・ヌルマゴメドフ戦のショッキングな敗戦からの復活を誓う。


Eyeing March return, Edson Barboza reflects on tough loss to Khabib Nurmagomedov

ハビフ・ヌルマゴメドフにショッキングな敗戦を喫したエジソン・バルボーザですが、その気持ちは折れていないようです。

 

「俺はまだベルトの近くにいる」

 

「試合後なんの問題もなかったよ。怪我もないし、間違いなくできる限り早く戻ってきたい。」

「難しい敗戦から立ち上がるのは難しいよ。まだ消化している最中だよ。俺は賢いが、あの様な負けは想像していなかった。とてもいいトレーニングができていたし、コーチはできることを全て正しくやってくれた。試合の時に俺は俺らしく戦えなかった。ハビフ・ヌルマゴメドフのゲームにハマってしまった。」

「15分間彼のゲームの中にいるということは大問題だ。俺のコーチは全て正しくやってくれた。彼らは正しいプランを持っていた。でも俺はそれをできなかった。それは困難だった。困難なことだったけど、正しい戦い方だ。俺はこの悲しい敗戦の苦しみをエネルギーに変えようとしている。俺はとてもハングリーだよ。」

「俺は自分の試合をすることができなかった。俺はファイターだ。もし明日また彼と戦えと言われたら、前回の試合の様にならないように、トレーニングをしてベストを尽くすよ。ハビフ・ヌルマゴメドフには穴もある。でも、彼は自分のゲームに相手を引き込むことができる。それは問題だ。それは俺に起こったことだ。」

「俺よりもランキングが高くて近い選手とは誰とでも戦う。ジャスティン・ゲイジー、ケビン・リーなどがいる。確実に誰とでも戦うよ。」

「コナー・マクレガーが戻ってくるかどうかはわからないし、それを知りたいとも思わない。ハビフとファーガソンの試合は行われるだろう。それは素晴らしい試合になるよ。正直にいうと、時々それを見るのが待ちきれなくなる。試合が決まるのが遅すぎたよ。」

「俺はまだベルトの近くにいる。ランキングを見ると俺はまだ4位にいる。俺の上にいるのは3人だけだ。それは俺がベルトにたどり着くのを遅らせるだけだと思っている。とても近くにいるよ。次の数試合に勝って、タイトルマッチにたどり着くことを約束する。前に進み続けるよ。」

 

3月に再起戦か

 

 

I just have one thing to say: “I can’t wait to fight again” #loveMyJob 🇧🇷 🇧🇷🇧🇷 só tenho uma coisa a dizer : “Mal posso esperar para lutar de novo!” #AmoMeuTrabalho

Edson Barboza Jrさん(@edsonbarbozajr)がシェアした投稿 –

ハビフ・ヌルマゴメドフの硬い拳で15分間殴られ続け、ダメージが心配なエジソン・バルボーザですが、体は元気なようであり、3月の早い段階での復帰を目指しているようです。
自身のInstagramでも再び戦うことが待ちきれない、などとコメントしており、ベルト奪取に向けた情熱は決して衰えていないようです。
ハビフ・ヌルマゴメドフにどれだけ殴られても最後の最後まで一発逆転狙い続けたエジソン・バルボーザの逆襲を大いに楽しみにしたいと思います。


Twitterで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP