総合格闘技

マイク・ペリーを下したサンチアゴ・ポンジニビオがタイトルマッチをアピール。


Santiago Ponzinibbio suggests title eliminator bout with Rafael dos Anjos

UFC on FOX 26でマイク・ペリーとの打撃戦を制したサンチアゴ・ポンジニビオですが、タイトルマッチを要求しているようです。

サンチアゴ・ポンジニビオは現在6連勝中です。2015年にロレンツ・ラーキンに敗北して以来負けなしです。

「タイロン・ウッドリーと戦いたい」

 

「マイク・ペリーが強烈なパンチを持っていることはわかっていた。彼は11勝して11KOしている。だから彼は危険だった。でも、俺の方が優れたファイターで、より完璧だってこともわかっていた。そして、俺は勝つための全てを持っていた。マイク・ペリーを驚かすために力を使った。ペリーが失速しないことには驚いたよ。何発もいいパンチを当てていたからね。でも、いい勝利だよ。全体的に俺がコントロールしていた。」

「多くの人がペリーが勝つだろうと言っていた。彼はモンスターだ。そしてそれは俺が以前倒した6人も同じことが言える。俺は彼ら全員を支配した。簡単な相手とは戦っていない。ペリーと戦いたい奴なんて誰もいない。そして俺はランカーで彼はノンランカーだけど俺は戦った。俺はファイターだし、誰とでも戦うってことを示したかったからね。」

「俺がこの階級の次のチャンピオンになるということを、他に何を示す必要があるんだ?準備はできている。タイロン・ウッドリーと戦いたい。もしウッドリーが今は戦いたくないか、手術がしたいならハファエル・ドス・アンジョスと戦わせてくれ。ドス・アンジョスはこの階級に来て、3戦して、俺は6連勝中だ。この試合は次のタイトルコンテンダーを決めるのにいい試合になると思うよ。」

「個人的なものは何もない。ロビー・ローラーとハファエル・ドス・アンジョスの勝者と戦いたかった。二人ともタイトルに近いと思うよ。俺もまたそうだ。タイロン・ウッドリーが長期離脱をするなら、暫定王座を作るか、挑戦者決定戦をやりたい。それがフェアだと思う。

「もしローラーが勝っていたらすぐにタイトルマッチに進んだだろう。彼は前チャンピオンだからね。でも、ハファエル・ドス・アンジョスはこの階級に来て十分に戦っていない。彼は誰を倒した?タレック・サフィジーヌは強くないし、ニール・マグニーもそうだ。ローラーにはいい勝利をおさめた。でも、タイトルショットには十分ではないと思う。ドス・アンジョスはもう1試合見たがっているみんなのために俺と面白い試合をするべきだ。」

「それはいい選択肢だし、ファンにとってもいい試合だと思う。俺がこの階級で一番長く連勝しているし、それに値する。やりたいからタイトルショットを要求しているわけじゃない。それに値するから要求しているんだ。」.

 

ウェルター級は戦国時代へ

 

 

Mis acciones hablan por mi, nací para esto! // My actions do the talking, I was born for this…. //Minhas ações falam por mim, eu nasci para isso. #teamponzinibbio #argentinogenteboa #nacidoparapelear #vamospormas #vamoqvamo #ufcespañol #ufcbrasil #ufc #argentinaenufc

Santiago Ponzinibbioさん(@sponzinibbiomma)がシェアした投稿 –

現在UFCで最も多くの選手が所属するウェルター級。ロビー・ローラーとの挑戦者決定戦を制したハファエル・ドス・アンジョスの他、ホルヘ・マスヴィダルを相手に盤石の強さを見せつけたステファン・トンプソン、ダミアン・マイアを下し一気に上位に食い込んで来たコルビー・コビントン、そして今回のサンチアゴ・ポンジニビオなど、タイトル戦線は一気に混戦となって来ました。
さらにここにGSPが階級を落として戻ってくるとなれば大混戦となること待ったなしでしょう。
マイク・ペリーを相手に危険な打撃戦を制したポンジニビオですが、上位ランカーに比べるとまだまだタイトルは遠いかもしれません。腐らずに勝ち続けて登って来てほしいですね。


Twitterで

コメント

    • 桐山
    • 2017年 12月 24日

    あとダレン・ティルもいます

      • bk201
      • 2017年 12月 24日

      そうですね!すっかりと忘れてしまっていました。
      ウェルター級は楽しみですね(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP