総合格闘技

TJ・ディラショーとデメトリアス・ジョンソンの対戦は既定路線か。TJ・ディラショーがデメトリアス・ジョンソンを挑発。


T.J. Dillashaw renews call for fight with Demetrious Johnson: ‘Don’t be scared, man’

宿敵、チームアルファメールの新星コディ・ガーブラントをKOで下し、再びUFCバンタム級王者に輝いたTJ・ディラショーですが、噂されているUFCフライ級王者であり、最多防衛記録を保持しているデメトリアス・ジョンソンとの対戦について言及しています。
両者はかつて対戦の噂があったものの、デメトリアス・ジョンソンが断っており、今回は実現するかどうか注目されています。

 

「デメトリアス・ジョンソンは僕と戦うべきだ」

 

「デメトリアス・ジョンソンは僕と戦うべきだ。これは僕よりもずっと彼にとって最も意味のある試合になるだろう。彼は売れる試合を必要としている」

「デメトリアス・ジョンソンは常に勝ってきた。常に彼の仕事をしてきた。いつも優れたファイターであり続けた。驚かれてきた。彼は素晴らしいよ。実際にデメトリアス・ジョンソンが戦うとなれば、対戦相手に『この試合を楽しみにしているよ』というわけではない。みんなが楽しみにしているのは、『デメトリアス・ジョンソンが記録を破るかどうか見よう』ということや、『デメトリアス・ジョンソンはとても長い連勝中だ』ということだ。これとあれだ。でも、彼らは決してデメトリアス・ジョンソンと誰が戦うかということについて話はしない。」

「この試合は行われる。これはファンを楽しませることができる試合だ。僕とデメトリアス・ジョンソンが戦えばテレビにみんな釘付けになる。彼が戦っているからではない。みんな何が起こるかわかっている。だから彼のチケットは売れないんだ。」

「怖がるな。やろうぜ。これは僕とデメトリアス・ジョンソンにとっても意味のある試合だ。ファンも見たがっている。俺が見たい試合だ。お前が見たい試合かどうかはわからない。男だろ?やろうじゃないか」

 

ドリームマッチ実現なるか

 

 

tjdillashawさん(@tjdillashaw)がシェアした投稿


TJ・ディラショーとデメトリアス・ジョンソンの対決が実現するとなれば、王者同士の激突はコナー・マクレガーとエディ・アルバレスの激突以来となります。

コナー・マクレガーとエディ・アルバレスは王座を獲得して防衛戦をする前に王者同士で対戦しており、マネーファイトの側面が強かったのに対し、TJ・ディラショーとデメトリアス・ジョンソンの対決は互いにベルトの価値を大きく高めた上でのドリームマッチとなり、質的に大きく異なります。

また、かつてTJ・ディラショーとデメトリアス・ジョンソンは対戦が予定されていたものの、デメトリアス・ジョンソンが断るという流れもあり、ストーリー的にも実績的にも十分すぎる対戦です。

デメトリアス・ジョンソンはすでにフライ級で全てを手にしており、自らの価値をさらに高めるためにこのドリームマッチに受け入れることになるのでしょうか。


関連記事

  1. アリスター・オーフレイムにとって最後のチャンス?タイトル獲得に向…
  2. [UFN112]リー、キエサとの遺恨対決に勝利
  3. 【UFC】アンデウソン・シウバの代役としてマイケル・ビスピンがケ…
  4. UFC 218でアリスター・オーフレイムとフランシス・ガヌーが対…
  5. コナー・マクレガー vs ネイト・ディアス3はやるべきではない?…
  6. UFC FIGHT NIGHT 121で追加カードが発表
  7. アンデウソン・シウバが新たな声明を発表。
  8. ショック…ドミニク・クルーズがUFC 219を負傷欠場か。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP