Bellator

1000万ドルあればランペイジ・ジャクソンはヒョードルと戦う?ランペイジ「1000万ドルのためなお母さんとでも戦うだろう」


‘Rampage’ Jackson not enthused about potential fight with Chael Sonnen

 

 

2018年に開催されることが正式発表されているBellatorヘビー級トーナメントに出場するランペイジ・ジャクソン。

かつてPRIDEやUFCで活躍したMMAのレジェンドですが、同じくヘビー級トーナメントに出場するチェール・ソネンと戦うことは望んでいないようです。

そんなランペイジ・ジャクソンがチェール・ソネンについて、ヒョードルに対する思いについて語っています。

 

「ヒョードルとは戦いたくない。」

「俺はチェール・ソネンと戦うことを楽しみにしているわけではないとマネージャーに話した。俺はちょうど腰の重いレスラーと戦ったばかりだ。なぜレスリングでよく知られている他の選手と戦いたがるんだ?」

「なぜBellatorが俺にすぐさま別のレスラーと戦って欲しいと思うんだ?正直、それは俺が楽しみにしてるマッチアップではないと言うだろうね。Bellatorと契約してすぐに彼らが俺にレスラーと対戦させるとなると正直同様するかもしれない。誰が俺が他のレスラーと戦うのを見たがるんだ?なぜプロモーターは俺のようにスタンドで殴ることが大好きで、エキサイティングな試合が大好きな男を用意しないんだ?なぜプロモーターはコンスタントに俺とレスラーと一緒にさせたいんだ?」

「ヒョードルは常に俺の大好きなファイターだ。俺はヒョードルが好きだから、もしヒョードルと戦うことになったら、自分のいつも好きだったファイターと戦うのは複雑だよ。トーナメントはトーナメントだ。俺は1000万ドルを払われない限り、ヒョードルと戦うことにサインすることは絶対にない。1000万ドルのためなら、俺は自分のおかんとも戦うだろう。もしそれがトーナメントなら、それが唯一の方法だ。」

「スコット・コーカーは素晴らしいプロモーターだと思う。言ったように、俺は何の問題もなかったし、UFCと問題もなかった。UFCはこのスポーツと全てにとって素晴らしいことをやってきた。そしてわかっている通り、俺はBellatorで戦う。俺はBellatorが好きだ。俺はエネルギーが好きだ。それはいい。」

「俺は再契約するまでこのクソッタレなトーナメントについて知ってさえいなかった。そして俺はこのクソッタレなトーナメントについてのクソッタレなメディアを見た。でも、俺は心配していない。俺はファイターだ。俺はPRIDE Grand Prixで戦うことが好きだった。言うことはない。このクソッタレなトーナメントの一回戦でチェール・ソネンと対戦することを楽しみにしていない。俺はみんなと戦う。俺の仕事は戦うことだ。でもわかっているように、エキサイティングな試合がしたい。」


関連記事

  1. カマル・ウスマンがハファエル・ドス・アンジョスを挑発。ドス・アン…
  2. マイケル・チャンドラーがBellator 192で復帰。ゴイチ・…
  3. UFC 216でトニー・ファーガソンとケビン・リーのライト級暫定…
  4. アンデウソン・シウバが新たな声明を発表。
  5. 二度目の王座獲得へ…ファブリシオ・ウェブドゥムはタイトルショット…
  6. 【RIZIN】ミルコ・クロコップが電撃復帰。引退宣言から一年ぶ…
  7. 【Bellator】パトリシオ・フレイレが負傷。Bellator…
  8. UFC FIGHT NIGHT 119の追加カードが発表

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP