ニュース

フランキー・エドガーの代役はジョゼ・アルド。マックス・ホロウェイvsジョゼ・アルド2が実現へ。


UFC 218でマックス・ホロウェイとUFCフェザー級王座を争う予定だったフランキー・エドガーですが、負傷によって欠場が明らかとなっていました。
その代役として様々な選手の名前が挙がっていましたが、どうやら代役はジョゼ・アルドとなるようです。

マックス・ホロウェイ vs ジョゼ・アルド再び

 

両者は過去にUFC 212: Aldo vs. Hollowayで対戦。
コナー・マクレガーのライト級王座戴冠に伴い、フランキー・エドガーとUFCフェザー級暫定王座を争い、見事王座を勝ち取ったジョゼ・アルドが正規王者へと繰り上げとなりましたが、今度はジョゼ・アルドの怪我により暫定王座が再び設定。
その暫定王座をアンソニー・ペティスと争ったマックス・ホロウェイが暫定王座を獲得し、UFC 212: Aldo vs. Hollowayで王座統一戦に挑みました。

下馬評では、コナー・マクレガーに敗戦した直後にフランキー・エドガーを相手に高いパフォーマンスを見せたかつての絶対王者、ジョゼ・アルドが有利でしたが、体格差とカーディオを活かしたマックス・ホロウェイがジョゼ・アルドを徐々に追い込みます。
3Rに動きの落ちたジョゼ・アルドをマックス・ホロウェイがついに捉え、そのままパウンドアウト。番狂わせを起こし、見事UFCフェザー級王座を統一しました。

敗れはしたものの、ジョゼ・アルドの評価は依然として高く、かつて絶対王者として君臨していた実績や、1Rにはマックス・ホロウェイをぐらつかせる攻撃を放つなど結果ほど両者の実力は離れていないと評するファンも多く、再び対戦することを望む声も多数ありました。

そんな中でのリマッチとなります。
前回の対戦から修正を加えたジョゼ・アルドが再び王座に返り咲くのか、それともマックス・ホロウェイは返り討ちにするのか…当初予定されていたカードに負けず劣らず期待のカードです。


関連記事

  1. コナー・マグレガーvsネイト・ディアス?ハビフ・ヌルマゴメドフが…
  2. フロイド・メイウェザー vs コナー・マクレガーの一戦がイギリス…
  3. ヘンリー・セフード「僕だけがDJを倒すことができる」
  4. ヴォルカン・オーズデミアがアレクサンダー・グスタフソン戦を要求
  5. ホーリー・ホルム「シェフチェンコはヌエスに勝つと思う」
  6. マイケル・ビスピンがルーク・ロックホールドがGSPを挑発したこと…
  7. マット・ヒューム「DJはとても失望している」
  8. UFC 219でコナー・マクレガー vs ネイト・ディアス3?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP