ニュース

【RIZIN】ミルコ・クロコップが電撃復帰。引退宣言から一年ぶりに復帰。


2016年にキング・モーやアル・アックバリなど強豪を降し、4連勝の末RIZIN無差別級トーナメントを制覇し、三度目の引退を発表したミルコ・クロコップですが、今年の年末大会に参戦することが発表されています。

 

引退宣言から一転。電撃参戦。

 

ミルコ・クロコップと言えばキックボクサーとしてK-1で活躍するとMMAファイターに転向しPRIDEに参戦。
グラウンドが弱点となり、なかなかMMAで活躍できないキックボクサーが多い中、その腰の重さと伝家の宝刀左ハイキックで次々に強豪を撃破。
PRIDE屈指の強豪外国人として知られていましたが、ここ一番で敗北することが多く、なかなかタイトルを獲得することができませんでしたが2006年にPRIDE無差別級グランプリを制覇。
その後PRIDEが消滅し、DREAMに参戦していましたが、2009年にUFCへと参戦。そこで再び左ハイキックを武器にKOを量産することが期待されましたが、ケージでの戦いに苦しみ、UFCでの戦績は合計8戦4勝4敗。

RIZINでの無差別級トーナメント優勝は2006年のPRIDE無差別級グランプリ制覇を思い出させるような様子でした。
それを最後に引退宣言をしていましたが、今回電撃参戦することなり、このサプライズに見合ったさらなる大物が参戦することが期待されます。


関連記事

  1. デミアン・マイアは現役を続行
  2. デミアン・マイア「この試合は僕に分がある」
  3. ルーク・ロックホールドがロバート・ウィテカーについて、マイケル・…
  4. パット・ミレティッチ「マクレガーが勝つためにはできることを全てや…
  5. UFC FIGHT NIGHT 121で追加カードが発表
  6. トニー・ファーガソンがコナー・マクレガーを挑発。トニー・ファーガ…
  7. 「UFC 214:Cormier vs Jones 2」全試合結…
  8. ディナ・ホワイト「マクレガーはロシアでハビフ・ヌルマゴメドフと戦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP