総合格闘技

UFC 221でルーク・ロックホールドがロバート・ウィテカーと対戦?マイケル・ビスピンとの再再戦についても語る。


Morning Report: Luke Rockhold says Georges St-Pierre is ‘trying to find his way out’ of fighting Robert Whittaker

元UFCミドル級王者で、マイケル・ビスピンにまさかの敗北を喫したことによってミドル級の混沌の遠い原因となってしまったルーク・ロックホールドですが、マイケル・ビスピンの王座陥落、GSPの王座戴冠を受けてコメントをしています。 そこで暫定王者であるロバート・ウィテカーとの対戦、そしてマイケル・ビスピンとの対戦についてコメントをしています。

「俺が本当に戦いたい相手はビスピンだ」

 

「残念なことに、俺たちは待たされているようだ。そして、次が何か分かるまでには時間がかかりそうだよ。GSPはベルトを守る義務があるが、みんなマイクで聞いたように、彼は後戻りして、出口を探しているように見える。」

「もしGSPがベルトを持ったまま剥奪されないというのは馬鹿げてると思う。ベルトを手放してそれからGSPがやりたいようにタイロン・ウッドリーと対戦すればいい。ここで何をするのかを取り戻すべきだと思う。間違った方に行き過ぎたし、戻ってこない。コナー・マクレガーのように戦いをやると全てが混乱する。階級のベスト同士が戦う必要があるし、ごちゃごちゃにするのをやめるべきだ。」

「俺は準備ができているし、ウィテカーも準備ができていると知っている。明らかに彼はGSPを見ていたし、金を欲しがっている。でも、それを彼は手にすることができるのか?いつまで彼は待てばいいんだ?」

「俺はUFCとUFC 221でウィテカーと戦うことについて話した。その可能性はあるが、俺は暫定王座のために戦うつもりはない。GSPはそれを理解する必要がある。ウィテカーは本物のチャンピオンだ。ビスピンはトップ10外の男と戦うと決めた時にタイトルを失ったように見えた。そしてウェルター級にとってもそれは問題だ。GSPはタイトルを獲得したが、ウィテカーはホナウド・ジャカレイと戦い、ヨエル・ロメロと戦い、トップコンテンダーたちと戦った。それはチャンピオンになるために必要なことだ。俺にとっては、ウィテカーがチャンピオンだ。だから俺はUFC 221でウィテカーと戦う準備ができている。」

「俺はウィテカーが明らかにGSPと戦いたがっていることを知っている。そうすべきだが、実際にそうなることはないだろう。俺はそれ以上にウィテカーとパース(UFC 221の開催地)に連れて行くことを厭わない。俺はオーストラリアを愛しているし、ウィテカーと戦えることを光栄に思う。」

「もしUFCが待ってくれるなら、俺が戦いたい相手はみんな知っているようにビスピンだ。もしそれがビスピンのラストファイトで、ロンドンに行くなら、それはビスピンはラッキーだったわけじゃない人は言う。ビスピンは俺より優れていると言う。ビスピンは永遠におしゃべりをする。口だけじゃなくて行動で証明しろ。俺はお前の前に立って、ロンドンでお前の頭を吹き飛ばしてやる。それは俺の喜びになるだろうな。」

「もしビスピンがまた戦うなら、戦うべき相手は誰もいない。もしビスピンが再びケージに上がってくるなら、今すぐ戦うべき相手は誰もいない。俺とあいつのことだ。それはやるべきことだ。もしビスピンが俺たちが言ってきたように逃げるなら、とても効果的な状況だ。」

「俺はどんなクソッタレなことが起こるか見たい。GSPは腹をくくる必要があるし、UFCも腹をくくる必要がある。ここですぐに何か発表されたことを期待できると思う。彼らが本当にこのことを理解したがっていることを想像するよ。」

ビスピンは現役続行なら道のりは険しいか

 

 

I’m with Bisping #ufc217

Luke Rockholdさん(@lukerockhold)がシェアした投稿 –

 

マイケル・ビスピンはGSP戦を最後に引退を示唆していましたが、「チョークで落とされたまま引退するわけには行かない」と言う訳で現役続行を選択しています。 となるとビスピンがかつて毒をはいた強豪たちが一気にビスピンの元に詰め寄ってくる可能性があり、ビスピンはUFCの功労者としてひっそり引退すると言うわけには行かないかもしれません。ここまで話を大きくしてしまったので、やむを得ない感じもしますが、UFCに長いこと貢献してきた選手なので、どのような対戦相手になったとしても引退の花道を用意してあげてほしいですね。

ルーク・ロックホールドはロバート・ウィテカーとの対戦も示唆しており、GSPも「ミドル級は自分の階級ではない」と勝てっており、また、ウェルター級でのコナー・マクレガーとの対戦もひっそりと噂されており、ミドル級の混沌はロバート・ウィテカーが正規王者に格上げ、もしくはロバート・ウィテカーとGSPの対戦を持って終了するかもしれません。

GSPが王座を返上し、ロバート・ウィテカーが正規王者になるとミドル級は平常運転に戻ることになります。問題はウェルター級です。

GSPがウェルター級に戻るとなるとまずタイロン・ウッドリーと対戦することは既定路線でしょう。そこでGSPがウェルター級王者に返り咲くとなるとまた様々な憶測が渦巻くことになるます。GSPのネームバリューですと、マネーファイトの噂が絶えなくなりそうです。

ようやく正しい道へと戻りつつあるミドル級。GSPは王者の責務を果たし、王者のあり方を示してほしいですね。


関連記事

  1. ペイジ・ヴァンザントとジェシカ・アイがUFC216で対戦か
  2. ルーク・ロックホールド「GSPはジョークだ」
  3. マイケル・ビスピン「次の対戦相手はGSPだ」
  4. ハファエル・ドス・アンジョスvsロビー・ローラーは次期挑戦者決定…
  5. 【UFN 120】目まぐるしいグラウンドの攻防。ペティスvsポイ…
  6. カマル・ウスマンがハファエル・ドス・アンジョスを挑発。ドス・アン…
  7. コナー・マクレガーのコーチがマクレガーの対戦相手について語る。
  8. UFC 218でエディ・アルバレスvsジャスティン・ゲイジー、マ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP