総合格闘技

生き残りをかけた一戦。アンソニー・ペティスがダスティン・ポイエー戦について語る。


Why fighting Dustin Poirier at UFC Fight Night 120 made sense to Anthony Pettis

UFC FIGHT NIGHT 120のメインイベントでダスティン・ポイエーとアンソニー・ペティスが対戦します。

アンソニー・ペティスは2015年にハファエル・ドス・アンジョスにUFCライト級のベルトを奪われてからUFCでの戦いに苦しんでいます。

ベルトを失ってからの5戦は2勝3敗。
ライト級でエディ・アルバレス、エジソン・バルボーザに連敗してからフェザー級に転向。チャールズ・オリベイラにギロチンチョークで勝利を収めるものの、苦しい戦いとなりました。
その後は減量苦に苦しみUFCフェザー級暫定王座をマックス・ホロウェイと争いますが、計量を失敗。試合もマックス・ホロウェイに終始押され、3RにTKO負けを喫しました。

その後はライト級に階級を戻しジム・ミラーに勝利。再びベルトを手にするために、ダスティン・ポイエー戦は試練の一戦と言えます。

そんなアンソニー・ペティスがダスティン・ポイエー戦についてコメントしています。

 

「ダスティン・ポイエー戦は俺にアドバンテージがある。」

 

「俺は選択肢を与えられた。こう言われたんだ。『次は誰と対戦したい?』って。ダスティン・ポイエーはエディ・アルバレスとの再戦がなくなったように見えた。エディ・アルバレスはTUFが決まったか決まりそうになっていた。ダスティンと戦うことができた。俺は彼のスタイルを長いこと見続けている。俺にとって理にかなっていた。俺はジム・ミラーとの対戦でサウスポーの対策をしてきた。ダスティンの右側に回るし、他のサウスポーでもそうだ。そして俺はスキルを磨いているところだ。」

「俺のスタイルはダスティン・ポイエーがこれまで戦ってきた相手とは異なるものだ。彼は俺のような男を感じたことがない。俺にはたくさんの武器があるし、ストライキングの選択肢が多い。それは俺にとってボクシングではない。俺はキックができるし、必要ならテイクダウンもできる。そしてその経験がある。俺はたくさん5ラウンドマッチをやってきた。5ラウンドあることは俺にとって大きなことではない。」

「間違いなく俺にアドバンテージがあると思っている。ゲームプラン通りに戦う必要がある。ダスティン・ポイエーに自信を与えることはできない。ダスティン・ポイエーが前に出てきた時、危険なダスティン・ポイエーを見ることになる。彼の足が止まった時、それは彼が問題を抱えている時だ。」

 

ポイエー、ペティス共にトレーニングは順調か

 

 

Last practice before heading out to VA|| Big thanks to @dukeroufus @scottcushman @izzystylewrestling @danielswbjj @kocheadufc @coachgiff @sergiopettis @roufusport @pettismartialarts #teampettis

Anthony Pettisさん(@showtimepettis)がシェアした投稿 –

 

アンソニー・ペティスはトレーニングの写真を頻繁にアップし、好調な様子が伺えます。ハファエル・ドス・アンジョスに敗れてからはコンディションに苦しむことが多いように見えましたし、動きも悪いことが多かったですが、体の仕上がりも良さげで減量もそこまで苦しくはないでしょう。 フェザー級から戻ってきての2戦目ですから、本来の”showtime”と呼ばれるアンソニー・ペティスの輝きを見ることができるかもしれません。

アンソニー・ペティスの代名詞とも言えるケージを使った三角蹴りや、得意のハイキックが炸裂するシーンも長いこと見ていないように感じますが、攻撃力の高い両者ですから、目を離しているすきに試合が終わってしまうなんてことも…?

 

 

The work is almost done, now it’s time to shine. #ufcfightnight #ufc

Dustin Poirierさん(@dustinpoirier)がシェアした投稿 –

 

ダスティン・ポイエーもトレーニングが順調であることを示唆すると共に、「輝く時だ」と言っており、充実したトレーニングができた様子が伝わります。

ダスティン・ポイエーはランキングこそ上位ではないものの、上位の選手と当たっても互角の戦いを繰り広げられる選手です。なかなかトップランカーとの対戦がありませんが、元王者で知名度の高いアンソニー・ペティスに勝利することができれば一気に上位に食い込んでくる可能性があります。

ライト級の実力者同士の対戦なだけに、オッズもほとんど差がなく、接戦は必至かもしれません。今週末を楽しみにしましょう。


関連記事

  1. カーロス・コンディットがオクタゴンに帰ってきた理由とは?コンディ…
  2. 【RIZIN】ミルコ・クロコップが電撃復帰。引退宣言から一年ぶ…
  3. コナー・マクレガーの次戦はやはりライト級王座統一戦か。ディナ・ホ…
  4. タイロン・ウッドリー「GSPは俺にビビってる」
  5. 「UFC 217」追加カードが発表
  6. レイ・ボーグの体調不良によりデメトリアス・ジョンソン戦が中止に
  7. UFC 218でアリスター・オーフレイムとフランシス・ガヌーが対…
  8. フランキー・エドガーの代役はジョゼ・アルド。マックス・ホロウェイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP