ニュース

カーロス・コンディットがオクタゴンに帰ってきた理由とは?コンディット「俺は死ぬまで戦いたい」


Carlos Condit on reasons for return: I’ll ‘want to fight until the day I’m dead’

デミアン・マイアに敗北を喫し、一度は引退をほのめかしたカーロス・コンディットですが、復帰することを決意。UFC 219でニール・マグニーと対戦します。
そんなカーロス・コンディットがオクタゴン戻ることとなった理由を語っています。

「俺は死ぬまで戦う」

「その感情はすぐには消えなかった。俺はファイターだ。自分のやっていることを愛している。決断するには沢山の異なる選択肢があった。そして俺がやっていることは人生とキャリアと同じくらい大切なものなんだ。戦いたいと思った。たぶん、俺は死ぬまで戦うだろう。」

「デミアン・マイアに負けた時、俺は失望したし落胆した。そして俺は競技者で、明らかにやり遂げていない。俺の目にはくそったれな道が写っている。過去の負けた試合で何もすることができなかったからね。それは汚点だよ。」

「たくさんの異なる要因がある。俺はまだ戦うことを愛している。トレーニングを愛している。俺の周りの人を愛している。自分のチームも愛している。正直言って金銭的な面もある。これが俺の金の稼ぎ方だし、俺がやってきたことだ。俺は大学に行っていない。他にたくさんの選択肢があるわけじゃないんだ。お金を払わないと行けないし、食っていかなきゃいけない。だからグローブを着けて、戦うんだ。」

復帰戦を勝利で飾れるか

結局のところ、ファイターはファイターなんですね。戦うことを純粋に楽しんでいるファイターは多いでしょうね。
カーロス・コンディットはロビー・ローラー戦でチャンピオンになっていてもおかしくなかったと思っているので、再びトップに向けて頑張ってほしいです。

その復帰戦の相手はニール・マグニーですが、コンディットが状態を上げて戻って来れるなら特に問題はないと思っています。
はやく強いコンディットがみたいですね。


関連記事

  1. 【UFN 120】目まぐるしいグラウンドの攻防。ペティスvsポイ…
  2. マイケル・ビスピンがGSPの次に狙うのはダニエル・コーミエ?
  3. ケイン・ベラスケスがPEDについて語る。
  4. アンデウソン・シウバは引退せず!!ドラッグテストを失格したアンデ…
  5. マイケル・ビスピンがルーク・ロックホールドがGSPを挑発したこと…
  6. 10月15日RIZIN福岡、追加対戦カードが発表
  7. ジョゼ・アルド vs リカルド・ラマスが再戦か。ジェレミー・ステ…
  8. UFC 216でトニー・ファーガソンとケビン・リーのライト級暫定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP