ニュース

UFC 218でエディ・アルバレスvsジャスティン・ゲイジー、マックス・ホロウェイvsフランキー・エドガーが決定。


12月2日に開催される「UFC 218」でエディ・アルバレスとジャスティン・ゲイジーのライト級ワンマッチとマックス・ホロウェイとフランキー・エドガーのタイトルマッチが行われます。

苦労人アルバレスvsやりすぎゲイジー

エディ・アルバレスは前回「UFC 211: Miocic vs. dos Santos 2」でダスティン・ポイエート対戦し、一進一退の攻防の中、グラウンドでの膝により、ポイエーが試合続行不可能に。ノーコンテストとなり、両者の再戦が噂されていましたが、今回の対戦相手はジャスティン・ゲイジーということになりました。
ジャスティン・ゲイジーは「The Ultimate Fighter 25 Finale」でマイケル・ジョンソンとの対戦でUFCデビューを果たしました。ストライカーとしての評価が高いジョンソンの前に不利とも予測されていましたが、打たれても打たれても前に出るスタイルでマイケル・ジョンソンを捉え、2RにジョンソンをKOし、劇的なUFCデビューを果たしました。2戦目の相手として様々な選手が挙げられていましたが、エディ・アルバレスとの対戦が決まりました。
両者激闘型のファイターであり、激戦必至となるでしょう。

ホロウェイの初防衛戦の相手はエドガーに

「UFC 212: Aldo vs. Holloway」でジョゼ・アルドと対戦しUFCフェザー級王座を統一した若き王者、マックス・ホロウェイの初防衛戦の相手はベテラン、フランキーエドガーに決まりました。
フランキー・エドガーは「UFC 156: Aldo vs. Edgar」でライト級からフェザー級に転向し、ジョゼ・アルドとタイトルマッチを行なったものの、王座獲得ならず。2度目の王座挑戦もジョゼ・アルドに阻まれてしまいました。
もうチャンスが来ることはないかと思われたりもしましたが、「UFC 205: Alvarez vs. McGregor」でジェレミー・スティーブンスと対戦すると、2Rにハイキックでダウンを奪われますが、劇的なリカバリーを見せ見事勝利。次は「UFC 211: Miocic vs. dos Santos 2」でメキシコ期待の若手、ヤイール・ロドリゲスと対戦すると次元の違う強さを見せつけ、終始圧倒。2R終了時にドクターストップで勝利し、今回のタイトルマッチにたどり着きました。
悲願の王座獲得なるか、それともホロウェイが初防衛を果たすか。ファン期待のカードに注目です。


関連記事

  1. ダニエル・コーミエがジョン・ジョーンズの批判をやめるように促す
  2. コナー・マクレガーの次戦はやはりライト級王座統一戦か。ディナ・ホ…
  3. ダニエル・コーミエ「俺の時代だ」
  4. アンソニー・ジョンソンがヘビー級で復帰か。
  5. TJ・ディラショーはアルファメール離脱を後悔している?アルファメ…
  6. タイトルを見据えたホルヘ・マスヴィダルがステファン・トンプソン戦…
  7. デミアン・マイアは現役を続行
  8. グローヴァー・テイシェイラ vs ミーシャ・サークノフ「UFC …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP