ニュース

ラシャド・エヴァンスがライトヘビー級復帰を示唆


Rashad Evans decides against retirement, weighs light heavyweight return

現在4連敗中と苦しみ、引退が差し掛かってきていると見られている元UFCライトヘビー級王者のラシャド・エヴァンスですが、まだ引退はしないとのことです。
また、ここ2戦はミドル級に階級を落としての試合となっていましたが、ライトヘビー級に復帰することを示唆しています。

「まだ引退はしない」

「これじゃあまだ引退はできないよ。俺の人生に再び平穏が訪れるなんてそうぞうできない。受け入れがたい現実と天井を眺めて終わらない夜に取り残されることになるだろうね。」

「ライトヘビー級の方がエネルギッシュだ」

「おしゃべりはおしまいだよ。でも、ライトヘビー級の方がよりエネルギーがあった。」

次戦はライトヘビー級に復帰か

負けたままじゃ終わらないみたいですね。怪我によるブランクもありましたが、ラシャド・エヴァンスは2013年にチェール・ソネンに勝利して以来勝ちがありません。
ミドル級での試合は明らかに動きが重たそうだったので、階級を戻すことはいいかもしれません。歳を取るといろいろな変化を加えないと現役ではい続けられないのかもしれませんね。
おそらく、次戦はライトヘビー級での一戦になるでしょうが、そこでかつての輝きを取り戻すことができるでしょうか。


Twitterで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP