ニュース

フロイド・メイウェザーはコナー・マクレガーをあえて倒さなかった?


Floyd Mayweather says he didn’t knock out Conor McGregor to protect him from brain damage

フロイド・メイウェザーとコナー・マクレガーで行われた史上最大のマネーファイトですが、結果はフロイド・メイウェザーの10RTKO勝ちに
終わりました。
序盤からリズムよくパンチを打つコナー・マクレガーに対し、フロイド・メイウェザーはじっくりとガードを固めん、スタミナ切れを誘うと徐々に反撃を開始、ディフェンスの甘くなったコナー・マクレガーにパンチをまとめてレフィリーストップを誘いました。
結果として、倒れることはなかったコナー・マクレガーですが、それについてフロイド・メイウェザーがコメントしていたので紹介します。

「コナー・マクレガーはまだ若い」

「コナー・マクレガーはまだ現役だ。まだ若い。彼はもっとダメージを受けていた可能性があった。俺たちはそういうファイターについて考えなきゃならない。俺の叔父のロジャーのようなファイターについてな。ここに来る直前、電話していたよ。彼は徘徊し続けている。誰も彼を見つけられない。彼は病院で一生を終える。脳のダメージのせいでな。」

「コナー・マクレガーを賞賛するよ」

「もし早い段階でコナー・マクレガーを倒していたら、俺たちは何か言われてただろう。もし予想よりも試合が長くなったら、俺たちは何か言われていただろう。倒しても、倒せなくて判定に行っても俺たちは何か言われていただろうね。

「もう一度言う。俺たちはコナー・マクレガーを賞賛している。自分たちじゃなくて、コナー・マクレガーは素晴らしかった。俺は40歳で、2年間のブランクがある。コナー・マクレガーは28歳で現役だ。俺は現役じゃない。彼は背が高いし、体も大きい。強くはないかもしれない。でも彼は若い。若者は彼の味方だ。俺は3週間毎晩パーティーをやってるよ。」

リマッチは無しか

フロイド・メイウェザーとフロイド・メイウェザーの2戦目の噂も試合が組まれた当初はありましたが、メイウェザーはどうやら完全に引退を決め込んだ神増ですね。50戦目でキリもいいですし、マクレガーもこれ以上メイウェザーとやる必要もないでしょう。
マーク・ハントが記憶障害を告白していましたが、ファイターのセカンドライフについてはしっかりと考えなきゃいけないですね。現役の時の人々に勇気わ与える存在だった選手たちが、その後も幸せに生きることができるようにしてほしいです。


関連記事

  1. ヴァレンティーナ・シェフチェンコは女子フライ級に階級変更?
  2. ヴォルカン・オーズデミアがダニエル・コーミエのUFCライトヘビー…
  3. ルーク・ロックホールド「デビッド・ブランチと俺はレベルが違う」
  4. 中村広輝がREBELS代表としてKrush.83に参戦!左右田泰…
  5. ダニエル・コーミエがジョン・ジョーンズの批判をやめるように促す
  6. クリス・サイボーグ「ロンダ・ラウジーをスターにしたのは間違いだっ…
  7. カブ・スワンソンがブライアン・オルテガとの対戦について語る。
  8. ケビン・リーがトニー・ファーガソンを本当のチャンピオンと祝福。ウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP