キックボクシング

「REBELS.53」国崇vs炎出丸、佐藤仁志vs蓮沼拓也、立嶋挑己vsJIRO、雅也vs浦林幹が決定!!


11月24日に後楽園ホールで開催される「REBELS.53」の追加カードが発表されました。

ISKAムエタイ元チャンピオンvs元J-NETWORK王者

一つ目は国崇vs炎出丸。
国崇は現在37歳のベテラン。NJKFバンタム級王座、NJKFフェザー級王座、WBCムエタイ日本スーパーバンタム級王座、WBCムエタイインターナショナルスーパーバンタム級王座、ISKAムエタイフェザー級王座、WKAムエタイフェザー級王座をこれまで獲得してきている実力者です。すごい数ですね。NJKFを主戦場として戦い、3年前にはルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級王座にも挑戦しています。日本ムエタイの先駆者といっても過言ではないでしょう。
前回の試合では「NJKF DUEL.11」でチャーオサム・エスジムを積極的に攻め立て、心をへし折ってのTKO勝ちを収めました。現在3連続KO勝ちとノリに乗っています。
対する炎出丸は34歳。REBELSではKOUMAとREBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級王座を争いましたが、KOUMAのもはや暴力とも言える圧倒的なパワーの前に、持ち味のテクニックを生かせずに敗れてしまいました。
前回の試合は「REBELS.52」で森下翔平と対戦し一進一退の攻防を繰り広げ、ローキックを効かせる場面も見せたものの判定はドロー。2015年以来、勝ち星がなく、2年ぶりの勝利を目指します。
ベテラン同士の見応えのある試合になることでしょう。

1年ぶりのリベンジマッチ

二つ目は佐藤仁志vs蓮沼拓也。
佐藤仁志と蓮沼拓也は2016年に「REBELS.44」で対戦しており、蓮沼拓也が判定で勝利を収めています。
佐藤仁志は長きにわたってREBELSに参戦しています。かつて元REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者の松崎公則にも勝利しています。
前回の試合は「REBELS.52」でJIROと対戦しましたが、持ち味を発揮することなくパンチで押し込まれて判定負けを喫しています。
対する蓮沼拓也は強打の持ち主。気持ちとフィジカルでガンガン前に出るファイターです。
前回の試合は「REBELS.52」で阿部晴翔に判定勝ちしています。
佐藤仁志がリベンジを果たすか、蓮沼拓也が返り討ちにするか、両者気持ちも上がるであろうリベンジマッチに注目です。

”立嶋篤史の息子”vs亡き父のために強くなる…JIRO

三つ目は立嶋挑己は”カリスマ”立嶋篤史の息子。一昨年にプロデビューを果たすと着実に試合をこなし、実力をつけてきています。
前回の「J-FIGHT&J-GIRLS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~5th」では父、立嶋篤史とともに出場し、阿部晴翔に判定勝利を収めています。
対するJIROも期待の若手。ハートの強さも持ち合わせたパンチ、キックどちらもそつなくこなせるバランスのとれたファイターです。
「REBELS.51」では蓮沼拓也と対戦しましたが、その試合の前にお父さんを亡くしてしまいます。そんな辛い状況の中、試合に出場しパンチでダウンを奪うと、3Rには猛反撃にあい、蓮沼の攻撃を被弾してしまいます。それでもJIROは折れることなく、最後まで戦い続け、接戦を勝利し、亡き父に捧げました。
前回の試合は佐藤仁志と対戦し、実力の差を見せつけて、完封勝ちしました。
なお、両者は「REBELS.50」で一度対戦しており、その時はドローとなっています。今回決着をつけるチャンスですね。

最後のカードもリベンジマッチ

最後のカードは雅也vs浦林幹の一戦です。
両者は「REBELS.51」で対戦しており、その時は浦林が優勢に試合を進めるも、雅也が肘で切り裂き、TKOで勝利を収めています。
雅也は前回の試合についてブログで「今までで一番ひどい試合をした」と語っています。まだキャリアも8戦と浅く、伸び盛りですので、注目です。
浦林幹は屈強な体と確かなテクニックの持ち主。
前回の試合は「REBELS.52」で千羽裕樹と対戦し、接戦となったものの、手堅く勝利を収めました。

最近REBELSが個人的に熱いのでどのカードも注目ですね。楽しみです。


関連記事

  1. ヴァレンティーナ・シェフチェンコは女子フライ級に階級変更?
  2. コナー・マクレガーのコーチがマクレガーの対戦相手について語る。
  3. 「REBELS 53」スアレック・ルークカムイ vs 鈴木信治、…
  4. ルーク・ロックホールド「デビッド・ブランチと俺はレベルが違う」
  5. タイロン・ウッドリーがコルビー・コビントンの挑発に反応。
  6. 【UFC】アンデウソン・シウバの代役としてマイケル・ビスピンがケ…
  7. ロイ・ネルソンがUFCのベルトの価値について、これからについて語…
  8. ドナルド・セラーニは壊れてしまったのか?ダレン・ティル「セラーニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP