ニュース

ルーク・ロックホールドがマイケル・ビスピンがチャンピオンであることを”黒歴史”と一蹴


Luke Rockhold: Michael Bisping’s title reign ‘the worst in UFC history’
クリス・ワイドマンを相手に強さを見せつけ、ミドル級では敵なしかと思われていたルーク・ロックホールドですが、「UFC 199: Rockhold vs Bisping 2」でマイケル・ビスピンにまさかのKO負けを喫し、王座を失いました。
その後、怪我により戦線を離脱していましたが、「UFC FIGHT NIGHT 116」でデヴィッド・ブランチをパウンドアウトし、再びタイトルへの道へ戻りました。そんなロックホールドが、現チャンピオン、マイケル・ビスピンの時代を痛烈に批判しています。

「UFCの歴史で最悪の時代だ」

「マイケル・ビスピンの時代はUFCで最悪の時代だ。誰もそんな風に優遇されなかったし、そんな風に全てのコンテンダーから逃げた奴はいなかった。あいつはホナウド・ジャカレイと戦う予定だったが逃げた。ヨエル・ロメロと戦う予定だったけどそれも逃げた。されにはロバート・ウィテカーからも逃げた。と思ったら当時ランキング14位のダン・ヘンダーソンと戦った。今度はGSPだ。あいつは何もやっていない。」

「ロバート・ウィテカーは本物のチャンピオンだ」

「ロバート・ウィテカーは本物のチャンピオンだよ。彼はトップファイターたちと戦ってきた。もちろん俺たちは彼の予定も確認しているけど、ヨエル・ロメロとも戦うことになるかもね。」

「ビスピンは最後まで逃げるだろう」

「俺は自分の力で這い上がるよ。ビスピンは引退するだろうね。彼は立って戦うか逃げるかだ。俺はあいつがどう戦うか知っている。試合開始から最後まで逃げ続けるよ。」

ロックホールドの相手はロメロ?

前にロックホールドについての記事で次に相手はブランソンかロメロではないかと記述しましたが、ブランソンはリョートとの試合が決まっていましたね。失礼しました。ブランソンが試合が決まっているのであれば、次のロックホールドの対戦相手はヨエル・ロメロ以外ありえないのでは、と思っています。ロメロも、ロックホールドもトップランカーですから、勝ったほうがそのまま挑戦権を得るかもしれませんね。
それにしても、群雄割拠だったミドル級もコンテンダー同士の潰し合い、ケガール・ムサシの離脱で気がつけばタイトル挑戦の行列が解消されてしまっていますね。ビスピンにとってはいい話ですが、列に並んでいたファイターからするとたまったもんじゃありませんね。
チャンピオンは義務を果たすとともに、団体もフェアであってほしいですね。


関連記事

  1. ハビフ・ヌルマゴメドフが暫定王者となったトニー・ファーガソンを祝…
  2. ジョン・ジョーンズのタイトルを剥奪、ダニエル・コーミエが再びチャ…
  3. コナー・マクレガーが次に対戦したい相手は?
  4. [UFN112]リー、キエサとの遺恨対決に勝利
  5. パット・ミレティッチ「マクレガーが勝つためにはできることを全てや…
  6. ジョゼ・アルドの対戦要求に対するスワンソンのコメント
  7. フランキー・エドガーの代役はジョゼ・アルド。マックス・ホロウェイ…
  8. ジェレミー・スティーブンス「ジョゼ・アルドと戦いたい」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP