ニュース

ダニエル・コーミエがジョン・ジョーンズの批判をやめるように促す


Refusing to pile on Jon Jones, Daniel Cormier urges fans to lay off criticism for failed drug test
「UFC 214: Cormier vs Jones 2」でジョン・ジョーンズに3RTKO負けしたものの、その後ジョン・ジョーンズのステロイドが発覚した件についてのダニエル・コーミエのコメントです。

「俺が負けた時に起こったことは全て狂っている。ファンはジョン・ジョーンズのことについて落ち着いて欲しいんだ。ジョン・ジョーンズと彼のチームはこれからどうなるか、何が起こったのかを理解しようとしている。」

「俺は負けた後とても落ち込んだ。でも、ファンのみんなは俺に思いやりと愛情を見せてくれた。ジョーンズも試合の後、俺を励ましてくれた。人は何が起ころうが思いやりを示してあげないといけない。ジョーンズは一人じゃない。彼には家族がいることを思い出して欲しい。それをリスペクトしよう。俺に対するサポートを誰かを傷つけることによって示して欲しくはないんだ。」

薬物が発覚したかつてのライバルにリスペクトを示す

ジョン・ジョーンズは試合後にダニエル・コーミエに、「ダニエル・コーミエはチャンピオン、夫、父、チームメイト、リーダーとしての模範だ。俺はこの男からたくさんのことを触発された。不幸なことに、俺たちは敵同士だった。でも、外に出れば彼はこれからも本当のチャンピオンだ」と、最大級のリスペクトを示しています。
こういった発言があったにしても、ダニエル・コーミエからすればジョーンズの今回の薬物は到底許すことのできない行為のはずです。憤りを感じていないわけないですが、それを堪えて、窮地に立つかつてのライバルを庇うなんてことは簡単にできることではないはずです。ダニエル・コーミエの男らしさに目頭に熱いものを感じてしまいます。
ジョン・ジョーンズは追い詰められているでしょうから、ダニエル・コーミエのこの発言は救いになるでしょうね。処分はまだ正式に決まっていないですが、リスペクトを示してくれたダニエル・コーミエのためにも反省して欲しいですね。


関連記事

  1. ダニエル・コーミエ「俺の時代だ」
  2. UFC 217はやはり神大会だった!?プレリミナリーファの視聴者…
  3. 「UFC 216」でデメトリアス・ジョンソン vs レイ・ボーグ…
  4. マウリシオ・ショーグンが今回の欠場について、日本で試合をすること…
  5. ドナルド・セラーニは壊れてしまったのか?ダレン・ティル「セラーニ…
  6. UFCミドル級正規王者のジョルジュ・サンピエールが負傷により復帰…
  7. ジョン・ジョーンズがドーピングの使用を否定
  8. カーロス・コンディットが12月か1月に復帰か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP