ニュース

ヴァレンティーナ・シェフチェンコは女子フライ級に階級変更?


Valentina Shevchenko changes tune, targets drop to UFC women’s flyweight division
9月10日に行われた「UFC 215: Nunes vs Shevchenko 2」のメインイベントの女子バンタム級タイトルマッチで王者アマンダ・ヌエスに接戦の末にスピリットの判定で敗れ、判定に対する不満を述べ、アマンダ・ヌエスとの3度目の対戦を要求していたヴァレンティーナ・シェフチェンコですが、フライ級に転向することを考えているようです。

「今、フライ級に階級を落とすことを考えている。多分私の次の試合はフライ級での一戦になると思う。」

「フライ級はより私にあっている階級だわ。私の本当の階級よ。バンタム級で快適に感じているけど、フライ級なら対戦相手のサイズも私に近いし、私の持つすべてのテクニックとスキルを使うことができるわ。」
「私はフェアな試合をして、それでベルトを取りたいの。そしてそのまた機会はやってくるわ。私には時間がある。次のために全てをうまくやることにしたの。だからは私は言い争いではなく、戦いでチャンピオンになりたいの。」

「減量は少しあるけど、それは問題ないわ。だって私はムエタイの試合をやっているときはいつもフライ級でやっていたから。最後の一年は少し階級を上げたけど、たった5ポンドだわ。だから私にはフライ級があっているの。」

「フライ級だったら同じフィジカルの相手と戦うことができるわ。同じサイズで、同じ腕の太さで全部一緒よ。」
<br<「数日前に決めたこの決断から、次にアマンダと戦うことはないわ。もちろん、まだ私はアマンダにリベンジしたいと思っているわ。でもそれは今じゃない。すぐではない。でもそれは確実に起こることよ。」

「みんないつも私にヨアナについて聞くの。私はいつもどうして?と答えるわ。なぜなら私たちにはムエタイで戦っていた時代や過去がある。でも今ではMMAで、それも同じUFCで戦っているのよ。」

次戦はUFC女子フライ級での一戦か

ヴァレンティーナ・シェフチェンコはフライ級に階級を落とすことに決めたようですね。確かにアマンダ・ヌエスに比べて体のサイズは少し小さかったですし、本人も減量はきつくないと言っているので、新設されるフライ級ならベルトもまた狙えるでしょうし、いい判断かもしれませんね。でも、いずれはまたバンタム級に階級を戻してアマンダ・ヌエスにリベンジしたいみたいです。相当な負けず嫌いなんでしょうね。
ヴァレンテーナ・シェフチェンコがフライ級に落として、もしチャンピオンになればUFC女子ストロー級王者のヨアナ・イェンジェチックとの対戦の話も出てくるでしょうし、盛り上がるかもしれませんね。


関連記事

  1. 生き残りをかけた一戦。アンソニー・ペティスがダスティン・ポイエー…
  2. 二度目の王座獲得へ…ファブリシオ・ウェブドゥムはタイトルショット…
  3. 「UFC 216」でデメトリアス・ジョンソン vs レイ・ボーグ…
  4. フランキー・エドガーの代役はジョゼ・アルド。マックス・ホロウェイ…
  5. 「REBELS.53」国崇vs炎出丸、佐藤仁志vs蓮沼拓也、立嶋…
  6. ケイン・ベラスケスがPEDについて語る。
  7. UFC 219でドミニク・クルーズが復帰。ジミー・リベラと対戦。…
  8. ロビー・ローラーがローリー・マクドナルドのPED使用を疑う発言に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP