ニュース

ジョン・ジョーンズがドーピングの使用を否定


Jon Jones on failed UFC 214 drug test: ‘I would never do steroids’
「UFC 214: Cormier vs Jones 2」でUFCライトヘビー級タイトルマッチでダニエル・コーミエと戦い3RにTKOで勝利し、劇的なカムバックを果たしたもののその後、Aサンプル、Bサンプル両方でステロイドの陽性反応が出たジョン・ジョーンズですがステロイドの使用を否定しています。

「俺は絶対にステロイドを使っていない。子供たちと、天国の父に誓うよ。」

本人はステロイドを強く否定

ジョン・ジョーンズはステロイドの使用を強く否定しています。これから自身の身の潔白を証明するために弁明していくでしょう。4年間の出場停止処分の可能性が高いですすが、故意でなければ処分が軽くなる可能性はあります。しかし、前科がありますから、故意じゃないと言ってもなかなか信じ難いですね。どのように弁明していくのでしょうか。


関連記事

  1. コナー・マクレガー vs ネイト・ディアス3はやるべきではない?…
  2. フロイド・メイウェザー vs コナー・マクレガーの一戦がイギリス…
  3. UFN116でマイク・ペリーとチアゴ・アウベスが対戦か
  4. ダレン・ティルに敗れたドナルド・セラーニのこれからは?
  5. ヤイール・ロドリゲスがアルファメールに移籍?
  6. パット・ミレティッチ「マクレガーが勝つためにはできることを全てや…
  7. 田中路教が8ヶ月ぶりに復帰へ
  8. ハファエル・ドス・アンジョスvsロビー・ローラーは次期挑戦者決定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP