ニュース

ジョン・ジョーンズのタイトルを剥奪、ダニエル・コーミエが再びチャンピオンに


Jon Jones stripped, Daniel Cormier reinstated as champion after UFC 214 result overturned

カリフォルニア州のアスレチックコミッションは「UFC 214:Cormier vs Jones」で行われたUFCライトヘビー級タイトルマッチの結果をジョン・ジョーンズの3RTKO勝ちからノーコンテストをへと変更することを発表しました。

再びコーミエが王者に

これを受けてUFCはジョン・ジョーンズのUFCライトヘビー級のタイトルを剥奪。前王者だったダニエル・コーミエが再び王者となることを発表しました。
ジョン・ジョーンズは最大で4年の出場停止処分が下される可能性があり、キャリアの危機に立たされています。
王座は帰ってきたとはいえ、ダニエル・コーミエがあの試合で受けたダメージや精神的なショックはかなり大きなものであり、ドーピングはやはり許されるものではありません。武器を持ってオクタゴンに上がるようなものです。ドーピングをしてたとはいえ、ダニエル・コーミエの中やファンの間には結局ジョーンズに勝てなかったということがつきまとうかもしれません。ドーピングは自身のキャリアとともに、対戦相手のキャリアにも傷をつける行為であり、このように厳格化の流れが進んできていることはいい傾向のように感じます。


関連記事

  1. ジョゼ・アルドの対戦要求に対するスワンソンのコメント
  2. 【Bellator】パトリシオ・フレイレが負傷。Bellator…
  3. スティペ・ミオシッチとフランシス・ガヌーがUFC 220で対戦。…
  4. マーク・ハントが記憶障害を告白。自身のこれからについて語る。
  5. マイケル・ビスピンがルーク・ロックホールドがGSPを挑発したこと…
  6. UFC 219でハビフ・ヌルマゴメドフvsエジソン・バルボーザが…
  7. ヘンリー・セフード「僕だけがDJを倒すことができる」
  8. ジョゼ・アルド vs リカルド・ラマスが再戦か。ジェレミー・ステ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP