ニュース

ハファエル・ドスアンジョス「タイトルに挑戦したい」


Rafael dos Anjos wants title shot, promises not to let champ Tyron Woodley ‘walk around’

Champ Tyron Woodley responds to Rafael dos Anjos’ callout, has eye on Bisping-GSP winner 00:00 05:56

ニール・マグニーを1Rで葬る

先日行われた「UFC 215」でウェルター級転向後2戦目をニール・マグニー相手にわずか1Rで肩固めで勝利したハファエル・ドスアンジョスの試合後のコメントです。

「この階級は開けている。この階級のトップ5もしくはトップ6はチャンピオンに敗れているか、最近の挑戦者だ。デミアン・マイアがそうだ。ステファン・トンプソンはすでに二度タイロン・ウッドリーに挑戦している。俺はこの階級の新しい血だ。もし、デミアン・マイアがタイロン・ウッドリーと戦うことができなかったら、俺が戦う準備をしていた。彼は結局戦ったけど、俺はその準備ができている。今すぐにでもだ。」

「俺はライト級の元チャンピオンだし、二つの階級で王者になりたい。タイロン・ウッドリーが怪我をしていることは知っている。でも俺も少し休みが欲しい。俺は3ヶ月前にシンガポールで戦って、今戦ったばかりだ。俺はタイロン・ウッドリーと戦う準備をしていたよ。でも、デミアン・マイアが戦った。すでにトレーニングしていたことを失いたくなかったんだ。だからシェルビィ(UFCのマッチメイカー)に言ったんだ『ヘイ、戦いたいんだ。誰か相手はいるかい?』そうしたらニール・マグニーとの対戦が決まったんだ。」

「言えることは、俺たちは戦うつもりだ。ウッドリーをオクタゴンの中を歩き回らせるつもりはない。ガンガン行くさ。作戦がないわけではない。もちろんあるさ。でも前へ前へ行くつもりだ。俺は自信がある。カーディオもある。彼をハードワークさせるよ。」

ウッドリーは対戦に否定的

ハファエル・ドスアンジョスから猛烈なラブコールを受けたタイロン・ウッドリーですが、対戦には否定的です。

「個人的なコールは受けないよ。この階級にはたくさんの男がいる。俺の前には常にたくさんの男がいて、俺を倒したいと思っている。でも、俺が最もバランスのとれたファイターだと思っている。俺はUFCで最もハードなパンチを持っている。ハファエル・ドスアンジョスはいいファイターだ。元チャンピオンだしな。彼は今夜のような素晴らしいパフォーマンスをあともう1、2回やる必要があると思っているよ。それは俺はオクタゴンの反対側から見てる。そうすれば俺たちは戦うことになるだろう。」

ウッドリーはミドル級転向も視野に

ウッドリーはミドル級転向も考えているとコメントしています。GSP戦が流れてしまったことがやはり気になっているようですね。マイケル・ビスピンとGSPによるUFCミドル級タイトルマッチを気にしているかもしれないですね。以前からビックマッチをやりたがっていましたしね。個人的にはウッドリーはウェルター級に残ってもらって、ドスアンジョスと試合をして欲しいです。かみ合った試合になりそうですし、ビックネームと試合をして名前を売るのではなく、面白い試合をして名前を売って欲しいですね。


関連記事

  1. マウリシオ・ショーグンが今回の欠場について、日本で試合をすること…
  2. カマル・ウスマンがハファエル・ドス・アンジョスを挑発。ドス・アン…
  3. UFC 218でアリスター・オーフレイムとフランシス・ガヌーが対…
  4. ジョゼ・アルドの対戦要求に対するスワンソンのコメント
  5. 10月15日RIZIN福岡、追加対戦カードが発表
  6. ジョン・ジョーンズのBサンプルが陽性
  7. デリック・ルイスがウェルター級に?現在の調子を語る。
  8. ロイ・ネルソンがUFCのベルトの価値について、これからについて語…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP