キックボクシング

12月10日「KING OF KNOCK OUT 2017 両国国技館」開催決定


12月10日に「KING OF KNOCK OUT 2017 両国国技館」が開催されることが発表されました。

K-1とは異なり、肘あり、首相撲ありのムエタイルールで試合を行い、少ないカードながらも毎回名勝負が生み出され、評価を着実に高め、K-1と肩を並べるキックボクシングにおけるビッグイベントと成長したKNOCK OUTですが、両国国技館という大きな会場で大会を開催することとなりました。また、それに合わせて出場選手2名が発表されました。
一人目は「新日本キックボクシング」のエース江潘塁。敗れはしたものの、ラジャダムナンスタジアム認定スーパーバンタム級タイトルマッチも行ったことのある日本屈指の強豪です。那須川天心、小笠原瑛作がKNOCK OUTの55キロでの地位を確立し始めている中、江幡塁が大きなインパクトを残せるでしょうか。対戦相手は未定ではありますが、国内でも競争の激しい55キロ級がまた盛り上がることは間違いないでしょう。また、不可思、前口大尊と年間ベストバウト候補の名勝負を繰り広げ、KNOCK OUTスーパーライト級王座決定トーナメントの決勝に進んだ”蒲田のロッキー”勝次も新日本キックボクシング出身であることから、大きな期待ができます。
もう一人はKNOCK OUTでも顔なじみとなっている”WANDER BIRD”不可思。端正なルックス、わかりやすく面白い試合をすることからとても人気の高い選手です。KNOCK OUTスーパーライト級王座決定トーナメントでは勝次と計6度のダウンを奪い合う激闘の末敗れてしまいましたが、この試合も年間ベストバウト候補に確実に上がるであろう名勝負でした。前回は若手の茂木俊介を相手に4RにKOで下し、再起戦を勝利で飾っています。熱望しているミスターKNOCK OUTの呼び声高い森井洋介との対戦を実現させるためにも、両国国技館でインパクトのある勝利が義務付けられてきます。なお、対戦相手はまだ未定です。

K-1はさいたまスーパーアリーナ、KNOCK OUTは両国国技館と国内のキックボクシングも盛り上がってまいりました。もっともっと国内のキックボクシングが盛り上がるためにも、K-1とKNOCK OUTはしのぎを削りあって、お互いに刺激を与え合う、良いランバル関係を築き上げることができればよいですね。


Twitterで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP