ニュース

クリス・サイボーグ「ロンダ・ラウジーをスターにしたのは間違いだった」


Midnight Mania! Cyborg believes Rousey was the wrong face of MMA- “she don’t fight now”

「UFC 214:Cormier vs Jones 2」全対戦カード

‘Cyborg’ Justino holds no ill will toward ex-UFC champ Ronda Rousey despite past beef

7月30日(日本時間)に行われる「UFC 214:Cormier vs Jones 2」で女子フェザー級王座決定戦でトーニャ・エヴァンジャーと対戦するクリス・サイボーグがロンダ・ラウジーについて語っています。

「私たちは一つ間違いを犯した。ロンダ・ラウジーを売り出したことよ。彼女は今や試合をしていない。引退したわ。そして今、MMAの顔となる選手がいなくなった。私はそれになりたいとは思わないわ。MMA全体のためにたくさんのことがしたい。今やたくさんの女子選手がいる。一緒に成長していきたいの。

クリス・サイボーグはタイトルマッチに至るまでドーピング検査違反や、ジャーメイン・デランダミーのベルト剥奪問題など様々なことがありました。それについてのディナ・ホワイトとの関係について聞かれると

「彼(ディナ・ホワイト)のことは許したわ。でも、こうなることは必然だったと思う。」

また、クリス・サイボーグはロンダ・ラウジーについてこんなことも語っていました。

「ロンダに対してはなんとも思ってないわ。彼女はMMAのためにたくさんのことをやってきたわ。私たちは話ができる。ロンダと会ったことはないけれど、ロンダは女子のMMA のために素晴らしいことをやってきたと思う。彼女は今までたくさんのことを私に言ってきたけど、それは彼女自身の成長のためよ。本心じゃない、ビジネスよ。だから今まで彼女と会わなかったの。でも、ロンダと確執があるわけじゃないわ。」

こんな風にロンダ・ラウジーを認めて、いつでもロンダ・ラウジーと会えると語っています。
しかし、このインタビューを見てみても、ロンダ・ラウジーはもう復帰しなさそうですね。UFCにおける女子の立場を引き上げ、女子格闘技の顔と言える存在となったロンダがこのままもう試合をしないというのは個人的にも残念です。もう一度オクタゴンで輝く彼女が見たかったです。






関連記事

  1. ジョン・カバナ「マクレガーは年内に試合をしないと思う」
  2. カブ・スワンソンがブライアン・オルテガとの対戦について語る。
  3. デミアン・マイアは現役を続行
  4. ガブリエル・ゴンザガがプロボクサーに?
  5. 「UFC 217」追加カードが発表
  6. コナー・マクレガーが次に対戦したい相手は?
  7. アンデウソン・シウバは引退せず!!ドラッグテストを失格したアンデ…
  8. TJ・ディラショーはアルファメール離脱を後悔している?アルファメ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

PAGE TOP